当教会について

蛍池聖書教会は今から50年程前、1966年5月1日に米国のバーソルド宣教師夫妻によって始まりました。地名、駅名の「蛍池」は昔、初夏に淡い光を放つ蛍が飛び交う池が地域にあったことに由来するそうです。

 

キリストのすばらしい救いを、神の愛を宣べ伝えるために日曜礼拝を中心に伝道活動を続けています。立地は阪急・大阪モノレール「蛍池駅」より徒歩3分、大阪国際空港より車で5分、すぐ近くに中国自動車道両方向IC(出口)ありと交通至便な場所にあります。駐車場も充実しています。(来会の際はご連絡下さい)

 

「蛍」の光は小さいですが闇夜になればハッキリと輝いて見えます。同様に教会がお一人お一人の人生にあっても、社会にあっても幸いな人生への道を示し、少しでも輝きと温もりを与えることが出来る存在となることを目指して歩みを進めています。

 

人生に本当の希望と安らぎを求めておられる方、聖書を学びたい方、キリスト教に興味をお持ちの方、教会は初めての方どなたでもお気軽にお越しください。ご来会をお待ちしています。

 

 

日曜礼拝

人は、週に一度、心を静める時間や場所が必要です。日曜日の礼拝はそんな場所。そのベースとなる聖書から世界の偉人たちも多大な影響を受け、不可能だと思われたことをも可能にしてきました。その2000年以上の叡智が詰まった聖書を分かり易く説き明かし、感謝する場。

心を込めて讃美歌を歌い、神様に祈り、そして聖書のお話を聞きます。心が安らかにされたり、本当に大切なことに気づかされたり。

聖書が語る神様の愛に、一人でも多くの人にふれていただきたいと思います。お待ちしております。

 

ゴスペルアワー

毎月、第2と第4の日曜日、17時半から行っている、カジュアルな雰囲気の礼拝。10〜20名程度の少人数で聖書の話を聞き、神様を賛美するひとときです。気軽に聖書学びたい方や、堅苦しい雰囲気が苦手な方にオススメ。朝の礼拝と比べるとアットホームな雰囲気。讃美歌よりも親しみやすいワーシップソングが中心です。 集会後には、みんなで夕食!!


教会がはじめての方のQ&A

讃美歌を歌い、祈り、聖書のお話を聞きます。クリスチャンではない方々も集われています。

 

何を持って行けば良いですか?

特に必要な持ち物はありません。礼拝で使う聖書や讃美歌は受付でお貸しします。また普段着でお越しください。クリスチャンだけではなく、聖書を学んでみたい人、何かを求めている人、見学に来た人など老若男女様々な人が来ています。

 

入場料はありますか?

ありません。礼拝の中で献金の時間がありますが、するかしないかは自由です。

 

一度行ったら抜けられないのでは?

そんな心配はありません。出入りは自由です。信仰は強制されず、自由かつ自発的な意志でなされるものです。